【保存版】オール電化と上手に付き合って最大限に生かしていこう

エネルギー問題

「オール電化のメリットやデメリットを知りたい」
「電気代を節約する方法を知りたい」
「オール電化とガス併用、新築の場合はどっちがいい?」

近年ではオール電化住宅が注目を集めていますが、家庭で使う調理や冷暖房、給湯などの様々な熱源の全てに電気を使う住宅のことを指しています。
オール電化にすることにより家族のメリットが得られると言えるでしょう。

光熱費のコストを抑えられる

その中でも良いと言われているものが、光熱費のコストを抑えられる点です。
電力自由化が始まり、数多くの電気料金プランが提案されています。
夜間の電気料金が割安なので、安い時間帯の電気をうまく使うことによって、光熱費を大幅に節約できるようになります。
最大のメリットには、お湯や暖房にかかるコストを抑えられることです。
およそ暖房にかかるコストは、光熱費の中でもかなりの部分を占めています。
しかしお湯はヒートポンプ技術を使い電気給湯器のエコキュートを使うことで、暖房は夜間に熱を貯める蓄熱暖房器を活用することによって、これが光熱費の節約につながります。
ガスを使わないのでガスの基本料金もかからなくなり、光熱費の管理も楽になるでしょう。

火を使わないので安心感がある

そして火を使わないので安心感があります。
ガスコンロやガス給湯器、ガスを使ったストーブなどは火を使うことから、火災や火傷の危険性が伴います。
しかしオール電化の場合には火がないので非常に安心です。
特に高齢になると火をつけたのを忘れてそのままにしていたり、調律の作業が難しくなることもあります。
このようなことからバリアリフォームの際にオール電化を取り入れる家庭も増えてきているのです。
小さな子供がいる家庭の場合には、IHクッキングヒーターにすれば一緒に料理を楽しむこともできるでしょう。

ガスコンロやガス給湯器等と比べると初期コストがかかる

反対にデメリットがあるのも実情であり、ガスコンロやガス給湯器等と比べると、初期コストがかかることが挙げられます。
IHに対応した器具しか使えないので、場合によってはすべての調理器具を買い替えなければならないかもしれません。
ガスと電気の両方を使う場合と比べると光熱費を抑えられるケースが多いものの、ライフスタイルによっては節約にならないことも考えられるでしょう。
昼間の電気代は割高になっているので、夜間の割安な電気が使えないのであれば光熱費のメリットはあまり受けられません。
そして地震や台風などにより電気が止まってしまった場合には、家中の様々なライフラインが止まることにもなります。
電気が復旧しなければ、冷暖房や調理、お風呂など全てが使えなくなってしまうのです。

自分の家庭に適した料金プランを選ぶ

このように様々なデメリットがあるものの、これらとうまく付き合う方法を覚えておきましょう。
その1つに挙げられる事は、自分の家庭に適した料金プランを選ぶことです。
数多くの電力会社にはたくさんの料金プランが用意されています。
基本的な内容に関しては、夜間や土日祝日などの需要が少ない時間帯の料金が割安になって、反対に需要の多い昼間の時間帯に高額になるものです。
お得な夜間を利用し電気給湯器で1日使う分のお湯を沸かす、蓄熱暖房器に熱をためることにより、電気料金を抑えることにもつながります。
割安になる料金区分であれば、プランにより異なるため、それぞれの会社のサイトやパンフレットなどを見て内容を確認し、家族の生活スタイルに合うプランを選ぶことが求められます。

家電やオール電化設備の使い方を工夫する

そして家電やオール電化設備の使い方を工夫することも1つです。
少しの工夫をするだけでも、電気代を抑える事は可能と言えるでしょう。
具体例をあげると給湯設備の沸き上げ設定を変える、電気調理器で使う鍋を選ぶなど様々です。
一つ一つは小さなことかもしれませんが、継続して続けていくことにより、これが大きな節約につながります。

電気を使う時間帯をずらして節約する

電気を使う時間帯をずらして節約する方法も挙げられます。
基本的には夜間の電気料金が安くなるのが特徴です。
電気給湯器や蓄熱暖房器などは、自動的に夜間に動いてお湯や熱をためるようなシステムが整っています。
しかしそれ以外の電気機器については問題となります。
できるだけ割高な昼間の時間帯を避けるためには、タイマー機能を使ってみると良いでしょう。
食洗機は洗濯機などはあらかじめ満タンにしておき、夜間に洗うように設定します。
炊飯器やホームベーカリーなどを使う場合にも、寝る前にタイマーをセットすることで、起きた後にすぐご飯やパンを食べることができます。
タイマー機能を使い茶道のタイミングを昼間から夜間にずらすことにより、念願の電気代がなんと約2万円も節約できるケースもあります。

調理設備の節電方法も頭に入れておく

さらには調理設備の節電方法も頭に入れておくと良いでしょう。
IHクッキングヒーターなどの設備においては、鍋選びが重要なポイントとなります。
対応している鍋でも重さや形により火力が弱くなったり、反対に時間がかかるケースもあるのです。
アルミや銅の鍋などは火力が弱くなる可能性があるため、できれば鉄やステンレスなどの鍋を選びたいところです。
特に水を入れずに作る無水鍋はかなり効果的なアイテムと言えるでしょう。
毎日の料理上手に活用していきたいところです。

【関連】後悔したくない!新築はオール電化とガス併用、どっちがいい?

タイトルとURLをコピーしました