軟包装のニーズや製造に関する情報を朋和産業さんから学ぶ

お仕事

「軟包装って何?」
「食品パッケージをアイデアをくれる会社を探している」
「朋和産業さんにお仕事を依頼したい」

軟包装というワードは世間であまり知られていませんが、さまざまな製品の供給に欠かせない日常的なアイテムとなっています。
代表的なものはプラスチックフィルムですが、アルミや紙などで作られているものも少なくありません。
いずれにせよ、柔軟性の高さが大きな特徴であり、単体だけでなく複合的な材料が使われることも少なくありません。

表面にカラフルな印刷を施せる

表面にカラフルな印刷を施せることも大きな特徴となっています。
そのため販促にも深い関わりがあり、中身が同じでも3倍以上売り上げが変わることもあるぐらいです。
まったく売れていなかった商品が、パッケージを変更しただけでヒットした事例はたくさんあります。
とはいえ、やみくも変更しても成功するわけではありません。
ここで重要になるのはパッケージの制作会社とよく相談することです。
自分で考えたデザインを発注するだけだと思っている人もいるでしょう。
もちろん、そのような進め方も可能ですが、近年は製造以外のビジネスも手掛けているところが多いです。
たとえば、商品の大まかなイメージを伝えるだけで、具体的なデザインを仕上げてくれるサービスもあります。
朋和産業のようにキャッチコピーも一緒に考えてくれるなど、コンサルタントのような役割をこなすところも増えています。
その背景にあるのは熾烈なシェア争いであり、他社と同じことをしているだけでは儲けられません。

デザインから製造まで一貫して担当してくれる

クライアントに喜んでもらえる方法として選ばれているのがワンストップの支援というわけです。
デザインから製造まで一貫して担当してくれますし、その後のマーケティングをサポートすることもあるのです。
売場のどこに配置するとパッケージの見栄えが良いか熟知しています。
軟包装の商品は基本的に小型のものが多いため、並べ方によってインパクトを出すことが大切です。
どうすれば良いのか具体的にアドバイスしてくれるので、デザインやキャッチコピーの効果をとても発揮させやすくなります。
ただし、どこの制作会社もこのようなビジネスを行っているとは限りません。
事前に公式ホームページなどをチェックして、サービスの有無をしっかり確認しましょう。
サービスを提供しているところでも、有料オプションになっていることが珍しくありません。
その場合は無料と有料の線引きをはっきりさせておくことがポイントになります。

自社で工夫をする

また、軟包装の制作を依頼するにあたり、自社で工夫をすることも欠かせません。
必ずしもセオリーどおりのパッケージが好感を招くとは限らないからです。
むしろ、意表を突くようなデザインがヒットに結びつくこともよくあります。
近年多く採用されているのは、昭和のデザインを復刻したり、当時の雰囲気を醸し出したりすることです。
高齢の世代は懐かしく思って手に取り、若者世代は珍しくて目を奪われます。
ただし、単純に古風なテイストにするのではなく、洗練されたセンスを盛り込むことも重要です。
この場合、人々は本当に古いものを求めているわけではありません。
本当のニーズがどのようなものかよく検証してから実行に移しましょう。
そのためには、多分野のヒット商品をチェックすると参考になります。
トレンドは分野を飛び越えて広がっていくことが一般的だからです。
それはパッケージに関しても同様であり、どのような軟包装が売上につながるのか考えてみましょう。

実際にスーパーやコンビニを巡ることも有効な手段

新規参入したばかりなら、実際にスーパーやコンビニを巡ることも有効な手段です。
どういったパッケージが人目に付きやすいか学べます。
ただし、見た目だけを重視する人には、中身を保護するという大切な役割が軽視されがちです。
いくら素晴らしいデザインでも中身の安全が保証されないなら、誰でも購入しようとしないでしょう。
それなら、見た目と丈夫さを両立させれば問題ないと認識するかもしれません。
しかし、そうしようとするとコストが跳ね上がってしまいます。
その結果、商品の値段設定が高くなるという結果を招きやすいです。
売れ行きが伸びない原因になるので、低価格に抑えるための努力も必要になります。
高いデザイン性と保護力を保ったまま、製造費を節約することは大きな課題です。
それを実現したいなら、軟包装の実績が豊富な制作会社を探すしかありません。
そのような企業がワンストップの生産ラインを整えていれば、一般的なケースもよりもかなり安く作ってもらえる可能性があります。
どの場合でもまず見積もりを依頼することから始めましょう。

まとめ

複数の企業に頼むことで、自分のケースにおける相場を把握することも可能です。
上記のように、一口に軟包装といっても非常に多くの要素が関係しています。
ですから、自社にとって優先すべき事柄を明らかにすることが欠かせません。
たとえば安全性を重視するなら、デザインやコストは多少妥協することになりやすいです。
トレードオフの見極めが必須の作業になってきます。
売上までシミュレーションをして、どうするのが最善なのか十分に分析しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました