各放送局で活躍する女性キャスターの役割

お仕事

ニュースキャスターは、放送局で報道番組に出演して、プログラムを進行していく職業です。
報道番組では、ニュースを報道するコーナーや天気予報コーナー、世間で話題になっている物を紹介するコーナーなど複数のコーナーで構成されています。
ロケを伴うコーナーでは、そのコーナーを担当しているリポーターと呼ばれる人が様々な情報を紹介する事があります。
ニュースを読み上げるのは、アナウンサーの役割になっています。

経験をある程度積んだ人がニュースキャスターとして起用される

司会は主に番組の司会進行を行う為に、番組が撮影されているスタジオにいる事が大半です。
スペシャル番組などの時には、メインスタジオからロケ地へ行き、番組のリポーター的な役割を担う事もあります。
一人で番組を受け持つ事がありますが、各局の看板プログラムになると、コメンテーターやアナウンサーやリポーターの人数が増えて大規模になってきます。
プログラムを円滑に進めていくには、広く深い知識が求められるので、放送局の報道部の中でも経験をある程度積んだ人がニュースキャスターとして起用される事が多いですが、近年では、報道部に所属しないフリーアナウンサーや芸能人が司会として起用される事が多いです。
その為、日本の放送局では、報道部に所属している人々に対してはアナウンサーで表記し、フリーアナウンサーや芸能人が司会を務めた場合はキャスターと表記するのが一般的になっています。
また、女性が出演すると、番組全体が華やかになる事があるので、各局は司会として積極的に起用してきました。

女性をニュース番組の顔として起用するメリット

ニュース番組は、基本的に構成が同じようなものになりがちである為、各放送局は違いを生み出す為に、スタジオのセットを独自性のあるデザインにしたり、各コーナーを特色のあるものにしたり、司会進行を番組の看板になりそうな人を選んで出演させています。
特に、同じ時間帯に放送されるのが同じタイプのニュース番組である場合、他局との差別化を図って視聴者にプログラムを観てもらえる作りにしなければいけません。
堅過ぎる雰囲気があると、視聴者に受け入れてもらえない事があります。
女性をニュース番組の顔として起用する事で、番組の顔として視聴者に認知してもらい易くなり、プログラム全体が柔らかさを感じられるようになります。
日本では、キャスターはニュースの取材や編集やプログラム構成に参加する事はあまり無く、プログラムの出演に重点が置かれています。

日本ではアナウンサーの業務は幅広くなっている

一方で、アナウンサーの業務は幅広くなっており、取材・編集に参加したり、ニュースに対してコメントを行ったりする事が多々あります。
畑恵など番組進行に女性が起用され始めたのは1980年代です。
この頃から次第に放送局は、ニュースプログラムに他局との違いを生み出す手段の一つとして採用するようになってきました。
男性のジャーナリストなどの名前が冠されているものも増えていき、各局が特色を打ち出す事で視聴者に興味を抱かせる事に成功しています。
放送局が視聴者が注目するようなプログラム作りをしていくには、番組の顔になる人を誰にするのかが鍵になってきます。
アナウンサーやコメンテーターやリポーターからうまくコメントを引き出していき、プログラムを進行していかなければいけない為、司会進行に優れた人が採用される事が多いです。

女性キャスターは放送局が放送する番組の中でも花形の職業

報道部に所属されるアナウンサーの中で、番組進行が優れている人が起用されたり、話芸に優れた芸人が採用される事もあります。
また、ジャーナリストが採用される事もあり、放送局は特色を打ち出す為にプログラムの趣旨にあった人を多方面から選ぶ傾向が強くなってきました。
女性キャスターは、放送局が放送する番組の中でも花形の職業です。
報道部所属のアナウンサーがある程度経験を積んでから番組を持たせてもらったり、視聴者から人気があるフリーアナウンサーが担当する事もあります。
ニュース番組をより多くの人々に観てもらうには、観たいと思う要素を増やしていく必要があり、女性キャスターを番組の顔にする事は一つの手段として効果を発揮して、穏やかな雰囲気を醸し出す事が出来ます。
堅さを極力出したくないと放送局が考えている場合には効果を発揮しているので、放送局の思惑通りにプログラム作りを行えます。
魅力的なプログラムにしていくには、司会者が好印象である事は重要な要素になっているので、放送局は司会進行の能力に長けているだけでなく、キャラクター性も重視してきています。
視聴者に長くニュース番組を愛してもらうには、魅力となるポイントを増やしていかなければいけません。

まとめ

ニュースプログラムの司会者に女性を採用する事で、プログラムの魅力が上がる事は多々あります。
視聴者からも注目され易くなるので、放送局では積極的に採用する事が増えてきました。
アナウンサーとの役割を明確にしており、特色作りに貢献しています。
番組の進行を円滑にしながら、番組全体の認知度を引き上げる役割として今後も必要不可欠な人材と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました