Influx社の洋上風力発電による発電について

エネルギー問題

洋上風力発電とは、海洋上に風車を設置し、風の力により発電するための施設のことを指します。
人が生活していく上で電気は欠かせませんが、発電のために石油や石炭などの化石燃料を利用することには多くの問題があります。
これらは当然ながら限られた資源と考えられ、中長期的にみて安定的なエネルギー源とは言えません。
また、燃焼により二酸化炭素などのガスを生じ、これが地球温暖化の原因にもなります。

重視されるようになっている自然エネルギーによる発電

化石燃料に頼らない発電が求められているわけですが、原子力発電は一時期は救世主のようにも考えられたものの、一たび事故を起こせばその影響は非常に深刻となることを私たちは身をもって知ることとなりました。
このようなことから相対的に重視されるようになっているのが自然エネルギーによる発電であり、太陽光や水力、地熱などを利用するものがそれに当たります。
風力ももちろんその一つです。
そして、陸上ではなく海上に設置したものが洋上風力発電ということになります。
そもそも風力発電のメリットとして挙げられることは、化石燃料や放射性物質といった資源を必要とせず環境に優しいと考えられることが第一です。

風が吹いていさえすれば場所や時間を問わず発電できる

風が吹いていさえすれば場所や時間を問わず発電できることもメリットになります。
例えば、太陽光発電は、日中であっても天候が曇りや雨の際には効率が大幅に低下しますし、当然ながら夜には発電できません。
せっかく巨額の費用を出して設備を作っても、少なくとも半分の時間は全く稼働できないわけです。
水力の場合は、水量さえ豊富であれば24時間発電可能ですが、これも当然ながらそれだけ十分な水量のある地域は限られていますし、そういう地域であっても一年を通して安定的とは限りません。

洋上に設置することのメリットを星野敦氏に聞く

これに対して風力は、確かに無風状態のときもありますし、発電には十分とは言えないくらいに弱い風しか吹いていない時間帯もあることは間違いないでしょうが、基本的には一年を通して常に吹き続けており、稼働時間が長いことが特徴として挙げられます。
デメリットもあるのですが、洋上に設置することである程度それを解消できる可能性があります。
例えば環境問題です。
二酸化炭素などは発生しませんが、風車が回ると実は多少なりとも騒音が発生します。
風車はかなり大型ですから騒音は決して無視できるようなものではなく、人家の近くでは設置に問題が生じることがあります。
この点、洋上であれば付近に問題となるような人家などはなく、安心して設置することが可能なわけです。

参考:Influx 星野敦

陸上よりも海上のほうが強い風が吹いている

また、一般論として陸上よりも海上のほうが強い風が吹いています。
これは、陸上では山や谷など地形の起伏があるために、風はその抵抗を受けて弱められるからです。
海上ではこのような地形の起伏が全くありませんので、風を遮るようなものは一切なく、同じような天候であってもそれだけ風は強く吹くことになり、この点でも発電に適していると言えます。
ただしもちろんメリットばかりではありません。
洋上風力発電のデメリットとしては、設置そのものにかかるコストは陸上よりも高くなることが多い点があります。
地面に基礎を造って支柱を立て、その上に風車を造るのが基本スタイルとなるわけですが、単純に考えても、海上であれば海中にも支柱を立てた上で、地面と同じように海底に基礎を設ける必要が生じます。

陸上の施設よりもコストがかかる

それだけ作業も大がかりになることが多く、これはコストに跳ね返ってきます。
メンテナンスの問題もあるでしょう。
設備は、一般的なビルや建物などと同じように鉄筋コンクリートなどによって造ることになるのが普通ですが、海水に直にさらされる環境では錆や風化などが陸上よりも早く進行することが容易に予想されます。
また、発電した電気そのものについてもケーブルを用いて陸上に送電しなければなりませんが、これも同様にメンテナンスが必要になります。
これらは陸上の施設よりもコストがかかるわけです。
騒音以外の環境問題として、鳥が風車に衝突して死傷するといった事故が指摘されることがあります。

特にヨーロッパにおいて実用化が進んでいる

鳥のように素早く飛べるのであれば風車に衝突するようなことはなく、十分に避けてもらうことができるのではと思うかもしれませんが、現実的にはそうではなく、実際に渡り鳥などの衝突は起きています。
これは言うまでもなく陸上だけの問題ではなく、洋上に設置したものであっても同じように発生する可能性があります。
このように決してメリットばかりではないものの、総合的に考えれば相当に魅力的であることも事実であり、世界を見渡すと特にヨーロッパにおいて実用化が進んでいます。
一方、我が国では今のところ実験段階であり、大規模に発電している状態ではありません。

まとめ

しかしながら日本は四方を海に囲まれているわけですから、潜在的には洋上風力発電の可能性は非常に高いということができます。
将来的には電力需要の相当部分を賄うことができるようになるかもしれず、期待されているところです。

タイトルとURLをコピーしました